読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6世代キャラランク まとめ

今更ですが7世代に移り変わるにあたってキャラランクについてまとめていこうと思います。


S 環境のトップメタ。

A 厨ポケ。一線級で活躍。

B 強ポケ。メジャーポケはここまで。

C 中堅上位。メジャーではないがある程度のスペックあり。

D 中堅下位。使用率はかなり低いが、頑張ればガチ環境でもギリギリ通用するかも。

E マイナー上位。対戦で使用するのはかなり難しい。

F マイナー下位。活用の仕方が思いつかない。



<準伝説・御三家・ブイズ・600族>








<初代ポケ>

S   ゲンガー ガルーラ

A   ラッキー ピクシー パルシェン

B   スピアー カイリキー フーディン ヤドラン メタモン オムスター ギャラドス






<金銀ポケ>

S   該当なし








<第3世代ポケ>

S   該当なし








<第4世代ポケ>

S   該当なし






F   該当なし


<5世代ポケ>

S   該当なし






F   該当なし


<6世代ポケ>

S   該当なし





E   該当なし

F   該当なし



          1s      2s      3s      4s      5s      6s       計
S        2       0        1        1       1        1           6
A       7       9        5       10     10       3          44
B       8       8      10       13       8       5          52
C     14       8      10       13      23     15         83
D     25     17      26       16      21      8        114
E     16      11     13       10      14       0         64
F       2        2       4         0        0       0           8

       74      55      69      63      77      32      371


Aまでが1線級=上位50体
Bまでがメジャーポケ=上位100体

人によってはBには中堅ポケモンも入っていると思われるかもしれないが、ガチ対戦でそれなりに使用率が高いと感じるポケモンは全てB以上に分類した。


メジャーと中堅の線引きは難しいが、中堅とマイナーの線引きはさらに難しい。

Cは明らかに中堅、EとFは明らかにマイナーなポケモンしか入っていないが、Dは人によって解釈が変わるポケモンが多いと思われる。

Dは、「ガチ環境での使用率がかなり低く、かつ最低限の汎用性がある」ポケモンを分類したつもりだが、これが中堅なのかマイナーなのかは人によって異なるだろう。

まぁ、D以下のポケモンが環境に与える影響はほぼ無いに等しいので、メジャーポケしか使わない人には関係ない話ですね。

アニメ感想まとめ

今まで見たアニメについてなんとなくまとめときます。完全に主観ですごめんなさい。


A+...神の領域。

A...めっちゃいい。

A-...かなりの良作、または良作ではないけど個人的にかなり好き。

B+...見る価値あり(確信)。オススメしたいラインはここまで。

B-...可もなく不可もなく。

C+...なんかイマイチ入り込めなかった。途中で見るのをやめたものが大半。

C-...イマイチ魅力がない。


僕だけがいない街(2016)...A

まさに名作です、ってかここ5年くらいの作品で一番好きかも。

サスペンス系だが、友情、親子の絆、児童虐待と色んなテーマを含んでおり、本当に見ごたえがあり結構感動した。ラストの展開もかなりハラハラした。

ブコメ要素はなかったけれど、最後の終わり方は個人的にかなり良かった。そっか、好きだったんだね。みたいな。


君が望む永遠(2003)...A

恋愛系。大人な作品です。(小並感)

ドロドロしてるとか、主人公が糞だとか言われてたけれど、見てみた感想としてはそんなことはない。とても現実味のある恋愛ストーリー。主人公にもとても共感できた。そして、他の登場人物の行動や心情もとても丁寧に描かれていて、とても考えさせられたというか、引き込まれました。

2話の、主人公と遥ちゃんが段々仲良くなっていく、幸せそうな感じが好きだったので、2話最後のあの終わり方は衝撃的としか言いようがなかった。

そして遥ちゃんが良い子すぎて泣いた。(最終話)

見ごたえのある良作で、本当にオススメ。


school days(2007)...B+

主人公屑アニメとして有名なので、興味本位で見てみた。

このアニメもそうだが、途中までは割と現実味のある恋愛ストーリー。それが、主人公のクズっぷりから、どんどん悪い方向に話が進み、主人公のクズさがどんどん酷くなっていく。そんな人間の負の一面を克明に描き出しているところこそがこの作品の見どころとも言える。

最後の展開は普段よくアニメを見る人にとってもトラウマもの。

ストーリーは酷いが、見ごたえは間違いなくそこら辺のアニメより数段上。


おそ松さん(2015〜16)...B+

腐女子に人気のアニメとして有名だが、これを見た感想としては、「どこが女の子向けなのかよく分からない」。ちょいちょい際どいラインを攻めてくる普通のギャグアニメという印象。分かりやすいギャグというよりは結構シュールなネタが多くて、じわじわくる面白さ。

次が気になるみたいなのはないが、なんか面白くて、暇な時ついつい見てしまう。そんなアニメ。内容的には男女関係なく楽しめる作品であるというのを、強調しておきたかった。


ToLOVEる(2008、10、13、15)...A-

諸悪の根源的作品(褒め言葉)。

ちょいエロなラブコメの金字塔だと思っている。ついつい苦笑いしてしまうほどどこまでも王道な展開。ストーリー性は皆無だが登場キャラがみんないい人すぎて癒されるしかない。

なんていうか、優しい世界なんだよね。この作品の世界って。ちょっと鬱になりかけたりした時にいつも見てる。なぜか分からないけどこのくだらなくて、変なところにちょいエロをぶっこんでくる展開に本当に癒される。

今まで色んなラブコメアニメを見てきたけれど、ボクはとらぶるが一番好きかな(中学生並みの感想)。

なお、ララちゃんが推しキャラなのでララちゃんの登場回数が多い1期が必然的に一番好き。(内容的にも個人的には1期が一番)


ロザリオとバンパイア(2008)...A-

初めて最後まで見た深夜アニメがこれ。

ハーレムアニメの典型といったストーリーだが、この作品は実はめちゃくちゃストーリーがしっかりしている。登場キャラクターも、他のハーレムアニメのようにただ「いつのまにか登場、終わり」ではなくちゃんと登場するストーリーで一話ぶんかけているのが特徴的。毎回ハラハラさせるシーンがちゃんと用意されている。そして1期も2期も、ラストシーンが素晴らしすぎる。ハーレムアニメとしてはお手本のような神作品だと思う。


ヨスガノソラ(2010)...B+

過激描写ありの恋愛もの。このアニメの醍醐味は、エロゲをまんま再現しているところ。描写を全くアニメ仕様にしてない(抑えていない)感じがいい。あと絵がとても綺麗。


未来日記(2011)...B+

いわゆる「いい話」とは程遠い。最近流行り?のグロ系サバイバルアニメ。

自分は基本的にこの手のアニメが苦手なのだが、この作品は特別で、結構引き込まれて、最後の方まで見てしまった。

内容的には殺伐とした殺し合い?の話なのだが、主人公が自分の感覚と近く、共感しながら観れたのが大きいと思う。ちょっと刺激の強い作品が見てみたい人にお勧め。



随時追加していきます。

漠然とした疑問

漠然とした疑問。


障害者とそうでない人の違いってなんなんだろう。


実は、今まで思っていたほどこの両者に決定的な違いはないのかもしれないと思った。


自分は実は小さい頃発達障害の診断を受けたことがある。


今は普通に大学に通っているけれど、将来ちゃんと働いていけるか不安だったりする。


自分の発達障害はどちらかと言うと「軽い」部類で、普段は他人に悟られることはない。


自分も、中学や高校のうちは、僕は普通だ、と思ってきた。運動はありえないほど苦手だったけど、勉強はできる方だったのもあり、割とやりやすかった。高校の頃は気の合う友人も結構いて(ほとんどがアニオタだった)、これといった悩みもなく、それなりに楽しく過ごせたと思う。


他人と喋っていて、気をぬくとトンチンカンな受け答えをしてしまったり、傘を一ヶ月に何本も無くしたり、人の話を聞くのが苦手だったり、人とご飯を食べる速度を合わせられなかったりといった特徴はあったけれど、それもまぁ、そんなに大したことないっしょと思っていた。


でも大学に入って、色んなアルバイトを経験したり、大学の実習などを経験するようになり、だんだんと自分の不器用さ、決定的な未熟さに気づかざるを得なくなってきた。


高校の頃親から告知された時は半信半疑だったけれど、ここ最近は、「あぁ、やっぱり自分は発達障害なのかもなぁ」と実感している。


今日は、前から気になっていたとあるカフェに行ってきた。


そのお店は、発達障害のある人を主に採用するというコンセプトのお店。


自分は今まで、自分以外の発達障害の人とあまり関わりがなかったこともあり、どんな人が働いてるのかな、という興味もあって、なんとなく入店してみた。


結果から言うと、僕はそのお店のことをとても気に入った。飲み物も美味しかったし、なんとなくとても和やかな雰囲気があって、リラックスできた。


そしてもう一つ思ったことがある。それは、そこで働いていた人たちは、僕が思っていたよりずっと普通な人たちだったということ。


自分となんら変わらないのではないか、という印象を受けた。


そのお店は、分類としては「障害者就労継続支援施設」というもの。つまり、そこで働いている人たちは、「障害者」という立ち位置であるということになる。


でも、今日僕に応対してくれた店員さんたちは、どこが「障害者」なのか、本当に全く分からなかった。


今まで自分は、障害者というと、誰の目から見ても明らかなハンディを抱えた、自分とは大きくかけ離れた存在なのだと、思ってきた。


でも今は、障害者というのは、一般的な就労環境に適応しきれない人を指すと思っている。


そして、発達障害を抱えた人というのは、障害者と健常者のまさに中間にいると思う。


自分は今までアルバイトを色々やってきたが、一般的な就労環境で真っ当に働くというのは、並大抵のことではないという印象を持つようになった。


色んなことを完璧にこなさなくてはならない。一回言われたことはその場で覚えなければならない。そして、普通なら「当たり前に分かる」ことも、懇切丁寧に説明を受けないと分からなかったりすることが多々あるので、働くというのは本当に難しいなと、常に思ってきた。


発達障害のある人は、本人の努力・周りの理解・そして仕事自体の適性次第では、健常者と変わらないくらいに仕事がこなせることもある。そしてうまく仕事に適応できた場合、その人は紛れもなく「健常者」という扱いになる。「何かはっきりと出来ないものがある」わけではないから。


しかし、仕事に適応するということは発達障害の人にとってそれなりにハードルが高い。仕事にうまく適応できなければ、その人は「障害者」という扱いになってしまうのかもしれない。


この考え方だと、発達障害の人が健常者という扱いになるか、障害者という扱いになるかは、その人が一般的な就労環境に適応できるかどうかによるということになる。


でも、一般的な就労環境に適応できた発達障害の人と、そうでない人が何が違うかなんて分からない。はっきりとここが違うと、言うことは出来ないのだ。


そんな感じで、(自分のような人間にとっては)健常者と障害者って本当に紙一重なんだなぁと、今日しみじみと感じたのでした。(終)




ポケモンやろっと。


サポートする頭数:攻める頭数

トリパと重力パを組んでみて漠然と感じたこと。


トリパを組んでいて、次のような選出をすることが結構あります。


ポリゴン2ブルンゲル(トリル要員)+メガヘラクロス(トリルアタッカー)


2体で受け回して、タイミングを見計らってトリルを貼り、エースで攻める。

エースの刺さりが良い時だと、意外とこうした「サポート2匹」+「アタッカー1匹」みたいな組み合わせがしっくりくるんですよね。



重力パでも、


ポリゴン2ヤミラミ(重力要員)+メガゲンガー(アタッカー)


みたいな組み合わせが意外と戦いやすかったり。



この手の「ターン数の限られたサポートを中心としたパーティ」を使う際は、選出の時、


「サポートする頭数:攻める頭数」を、1:2にするか2:1にするかいつも迷う。そして、それ以外の選出をしたことがない。


これは自分だけでしょうかね...。

重力パ メモ

最近トリパが煮詰まり切っていないのに新しく適当に重力パを組んでみました。


ポリゴン2@輝石

恩返し/冷ビ/再生/重力


ゲンガー@メガ

催眠/身代わり/祟り目/気合玉


ガブリアス@スカーフ

地震/逆鱗/いわなだれ/寝言


ヤミラミ@脱出ボタン

重力/鬼火/再生/イカサマ


ボルトロス@オボン

電磁波/毒毒/いばる/10万ボルト


ヤドラン@ゴツメ

熱湯/冷凍ビーム/電磁波/重力



基本選出はポリ2ゲンガーガブ。重力催眠で暴れるか、重力地震で暴れるか、その両方か。どっちも抜群の抜き性能です。


アローとバシャが重くなってしまうので、その場合はヤドランでケア。


とにかく重力で暴れさせまくりたい時はポリ2とヤミラミを両方入れてみたり。


ボルトロスは状態異常をばらまく機械型。重力が微妙そうだったらボルトゲンガーガブみたいに選出すれば普通のパーティっぽい。



ものすごく適当に組んだのですが、その割に簡単に勝ちを稼げてびっくりしました。


いわゆる「害悪パ」の部類ですね。

重力始動後のゲンガーは、トリル下のメガヘラクロスと似ています。制圧力はメガヘラクロス以下ですが、こちらは重力がなくなっても高い抜き性能を維持できるのが素晴らしい。


害悪は毛嫌いしてきたので威張るボルトロスも催眠ゲンガーも初めて使ったのですが(ついでにガブもまともに使ったのは初めて)、今まで使ってきたパーティと全く種類が違うと感じました。


やることが単純明快なので、本当に決まったことをやってるだけって感じです。それでも勝てるときは本当にあっけなく勝てるので、サクサクゲームがしたい時はこういうパーティを使うのもありかなーと思いました。


自分が催眠ゲンガー使われるの嫌なのでこのパーティはイライラした時だけ使うことにします()

トリパ メモ

最近使ってるパーティの一部です。


ポリゴン2@輝石

恩返し/冷ビ/トリル/再生

ブルンゲル@ナモ

潮吹き/トリル/鬼火/再生

ヒードラン@眼鏡

文字/ラスカノ/龍波/原始

ヘラクロス@メガ石

ミサイル/ロクブラ/地震/インファ



メガヘラのトリルが強いです...。

ガルーラ→インファ確1

クレセ→ミサイルで高乱1

ボルト→HBベースでなければロクブラ確1

マンダ→ASならロクブラで確1

スイクン/カバ→ミサイルで確2

メガゲン→地震で確1

ナット→インファで超高乱数1

ギルガルド→ロクブラ地震でほぼ確定

ガッサ→襷貫通してミサイル確1


個人的にはメガクチートより抜き性能高い気がするんだよなぁ...


型の説明としては、


ポリ2:

ダウンロード対策がすっかり普及しているのでAに少し振って恩返しをメインにしています。メガサナが重いのも理由の一つです。

ブルンゲルの苦手なゲッコウガ、サザン、ガルド、ゲンガー、メガボーマンダなどに対して安定してトリルを貼れます。受け重視で行きたいときは両方選出することも。


ブルン:

猫騙しでトリルターンを消費してきたり、鈍足パにとって鬼門になりがちなメガガルーラや、同じく守るでトリルターンを消費してきて、ドランやヘラを縛ってくるバシャに強く出れる優秀なポケモン。他にもルカリオ、ブシンなど格闘方面に強いです。

他に優秀な点としては角ドリルが効かないためドサイやドリュに強く出られたり、ギロチンが効かず相手の守るのタイミングでトリルを打つことで無限戦術に嵌められないためグライオンにも強いです。

ブルンがグライに強く、ヘラがそれ以外に強いため対受けルはこの二匹だけでもかなり戦えます。

HDアローに対抗したいので潮吹きを搭載していますが、PPに難あり。


ヘラクロス:

上から殴っている時のメガヘラはマジで強いです。

特に優秀なのが、身代わり持ちに強いこと。

身代わり持ちにロクブラが刺さりやすいです。エンテイボーマンダ、ヒトム、ボルトロスオニゴーリなど。

ジャローダ、クレセ、スイクンライコウなんかも身代わり持ちが時々いますが、全て難無く対応できるメガヘラは本当に強いですね。

メガヘラというと追い風が有名です。確かにメガヘラのS75はトリルアタッカーとするには少し高いですが、トリパなら耐久がかなり厚くなり、またボルトロスの電磁波がそんなに痛くないので難無く対ボルトロスを任せられるという利点があるので、個人的にはトリルもかなりシナジーがあると思います。

種ガンはほぼマリルリピンポなのでマリルリ対策がちゃんとしていればはっきり言っていらない技ですね。ちなみに現状ではマリルリはゲロ重です。


ヒードラン:

耐性優秀な重火力アタッカーで、ヘラの苦手なアローと妖精コロスマン。火力が高く使いやすいです。

ラスカノ→妖精を一発で倒すために欲しい

原始→アローへの有効打なので欲しい

竜波→ガブ、マンダ、リザX、サザンを一撃で倒せて一貫性も高いなど強い要素しかない

ということで炎技は大文字一本。




この4体を確定として、後の2体を色々変えて潜ってます。


重いのが、キノガッサマリルリヘラクロス。あとガブリアスも少し辛い。(ブルンが受けられないため)



今は残り2体を、


パンブジン@残飯

トリル/道連れ/鬼火/光合成


ガッサ、ガルーラ、ガブリアスにそこそこ強くマリルリも一応対策できるトリル使い。


ドサイドン@珠

地震/ロクブラ/冷P/馬鹿力


トリルアタッカーその3。アローやマンダに強め。


にしていますが、改良の余地はありますね。

バシャに強いのがブルンしかいないのってどうなんだろう...。

意外と使えるポケモン その1

ヤドキング@弱点保険/再生力

H252B44C148D60穏やか

トリル/波乗り/れいび/サイキネ


2200超えの方が使ってる型をshowdownで試しに使ってみたら強かったです。

とにかく特殊方面に弱点が多く、しかも高い特殊耐久を持っているのでかなりの頻度で弱保が発動します。そして、トリルで上をとりつつ次の攻撃でそのまま倒します。

使ってる感覚としては、弱保ロッカドサイみたいな感じ。でもスカーフは抜けないロッカドサイと違ってトリルを貼ればほぼ確実に先手がとれます。また、倒されたら倒されたで次に繋げられるのが強い。(トリル始動要員ですし)


耐久は、物理が特化メガボーマンダ捨て身やようき鉢巻ガブ逆鱗を高乱数耐え、

特殊が珠臆病れボルトの10万や眼鏡ミトムヒトムの10万、眼鏡サザン悪波高乱数耐え。

まぁ、大体の特殊技は耐えると思っていいですw



このポケモンでトリルにはまったのですが、ヤドキングだとキノガッサ、ガルーラあたりの対処がキツイ。

ということで、この辺りに後出しが安定するパンプジンとかいうポケモンに注目し、試しに使ってみました。



パンプジン@残飯/ふみん

H252B148D108図太い

トリル/鬼火/宿り木/光合成


あまり使われないのが不思議なくらい使いやすかった。

いや、、アローとか、バシャとか、ドランとか、リザとか、マンダとか、ゲンガーとか、ガルドとか苦手なやつは多いですね...。

ただ、ガルーラやキノガッサを受けられるトリル使いってだけでも優秀だと思います。


他にも、ランドロススイクンカバルドンガブリアスナットレイあたりに強く出れます。

フシギバナなどの草には鬼火入れて光合成してるだけで隙を作れるし、ボルトロスなどの電気にも居座ってトリル展開できる。この辺はブルンゲルより優秀。


ボルトロスに関してはめざ氷を持ってないやつも最近結構いるのでそういうボルトロスにはかなり強めだし、まぁトリル展開くらいは普通にさせてもらえる。(そもそもトリパにとってボルトロスは対処しやすいポケモンですしね)


あとは、影踏みに捕まらないのも地味においしい。ゴチルゼルの影踏みに怯えなくていい耐久ポケってなかなかいませんよね...。

あとメガゲンガーに弱いのは確実にそうなんですが、メガゲンに後出ししやすいトリルアタッカーと相性がいいのです。カビゴンとか。

クレセとかだとメガゲンに捕まるとそのまま処理されてしまうんですが、、まぁサイキネ持ってればある程度抵抗はできますが、パンプジンだと捕まらないんで普通にサイクル戦みたいなのを展開できます。強い。


意外と対面構築に強めなポケモンかもしれない。

時々苦手なポケモンメガゲンガーだけだったりする。アローは眼鏡ヒードランのカモなのであまり関係なく選出できるし。


バシャは辛いので、バシャのいるパーティにはブルンゲルをトリル要員として選出するようにしてました。ブルンゲルキノガッサが辛いのですがガッサとバシャが両方入ってるパーティはそんなに多くはない。