カントークラシック個別考察 カビゴン

カントークラシックのカビゴンについて考察します。



なぜカビゴンかというと、カビゴンというのは非常に技スペが苦しいポケモンで、技の揃え方と努力値の振り方によって、対応できるポケモンがまるで違ってくるとおもったからです。


これがもし、例えばヤドランだったら。


パルシェンを後出しから確実に倒したい→サイキネ確定

カイリューを後出しからなんとかできるようにしたい→冷凍ビーム確定

やっぱ受けを安定させたいしなぁ→怠ける確定

そして、残りの技で個性を出していく、となるわけです。味方のゴローニャやカイリキーをサポートしたいならトリル、ゲンガーのサポートに重力、起点作りと兼ねられるあくび、汎用性の電磁波、など。

もちろん熱湯も優秀な技ですし、他の技構成も十分考えられる訳ですが、ここから大きく外れることはないんですよね。


でもカビゴンの場合は、そうはいかない。

まず攻撃技で言うと、

・ノーマル技(のしかかり、恩返し、空元気)

・一撃必殺(地割れ)

・岩意識の地震

・ゲンガー意識の悪技(追い打ち、噛み砕く)


正直この4つはどれもカビゴンにとって欲しい技なんですよね。

ノーマル技はさすがに遂行技として必須ですが、耐久の安定したこいつでの一撃必殺は間違いない強いし、かと言って多分トップメタの一角となるゲンガーに無抵抗になるのは辛いから悪技も欲しい。特に追い打ちがあればゲンガー対策はバッチリだし。地震は切れなくもない気がするけど、ゴローニャオムスターはかなり強力なポケモンだしあれば間違いなく便利。



さらに補助技。

・眠る

・寝言

・のろい

メジャーなのはこの3つだけど、

・あくび

・吹き飛ばし

・どくどく

辺りも型によっては入ってきそう。特に吹き飛ばしは便利そうですね。


ラッキーと違って、カビゴンは実に微妙な耐久を持っているんですよね。フーディンサイコショック、ゲンガーの気合玉などに対して、眠るだけだと回復を追いつかせるのに精一杯。そう考えると寝言は必須級なんじゃないかとさえ思えます。

のろいも超強力。実は普段ORASのレートでのろいカビゴンを使ったりしてるのですが、あのえげつない物理環境でも結構強いんですよ、のろいカビゴンって。今回は環境が特殊寄りになりそうだし、決定力も低めなわけなので、使いやすいはず。一撃必殺は流行ると思うけどね。


うーん、カビゴンの型超ムズい...。これは結論は出そうにありません。


さらにさらに、努力値の振り方も困る。


ヤドランなら思考停止HBぶっぱでおk。でもカビゴンは、決定力と物理耐久と特殊耐久の間で絶妙に振り分けないといけないんですよ...。


4世代ならカビゴンはAD振りという有名な振り方があって、これ一択みないな流れがあったけど、今回の大会でAD振りは多分微妙じゃないかなと。理由は仮想敵にサイコショックを覚える奴が多いため。


カビゴンの型をどうするか自分が困ったので、考えを整理するべく書いてみました()




サンプル1


おいうち&ねむねご型


追い打ち/眠る/寝言/地割れorのしかかり


ねむねごで気合玉のないフーディンやゲンガーに受けを安定させつつ、おいうちで確実に狩りにいく。ゲンガーに鬼火を打たれてもねむねごからおいうちを出せば確実にダメージを入れていける。ステロ解除&終盤エースとして人気が出そうなスターミーにもかなり強い。

問題はゲンガーフーディンの気合玉搭載率が高かった場合。ゲンガーはピクシー意識でヘド爆の方を入れてくれる気がしてるんだけど...どうなんだろう。もしみんな気合玉を入れてくるなら、こんなに汎用性を捨ててまで超霊狩りに特化させるのは勿体無い気がする。



サンプル2


おいうち搭載汎用型


追い打ち/のしかかり/地割れ/眠る


地割れで役割範囲を広げた型。寝言がないので、癒しの鈴持ちのピクシー辺りと組ませると使いやすいかも。

やはり耐久重視の型だし、ノーマル技の火力はそんなにないので、ノーマル技の枠にはカイリュー、サンダー、ゴローニャプテラなどへの打点となる冷凍パンチも候補になってくる。カビゴンにはカイリューを止めるのに十分な耐久があるので、理にかなっていると言えるかもしれない。


サンプル3


のろい汎用型


恩返し/しっぺ返し/のろい/眠る


のろい、眠る、2ウエポンというシンプルな構成。サブウエポンの中では悪技が一番良い気がする。