読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7世代シーズン1 簡単な考察

対策必須ポケモン

カプ・コケコ、カプ・テテフ、ギルガルド

 

要注意ポケモン

メガメタグロスメガガルーラメガボーマンダ、デンジュモク、テッカグヤ、フィローチェ、アローラガラガラ、ガブリアスゲッコウガマンムー、ゲンガー、ポリゴン2、ミミッキュ、ハッサム

 

 

弱体化の影響もあって、ファイアローメガガルーラメガゲンガーなどの旧作トップメタ勢の勢いはとりあえず控えめ。

ポケモンで体感、最も使用率が高いのは電気ポケモンのカプ・コケコ。

その対策としてアローラガラガラが人気。電気に役割を持ちつつ容易に受けを許さない超火力で攻めていけるのが強み。環境に鋼が多いのも人気の理由の一つで、カバルドンスイクン解禁までは猛威を振るい続けるだろう。

フェアリーは増えたものの、地面枠としてガブリアスの人気は依然として高い。

超火力のカプ・テテフもかなり猛威を振るっており、その影響で対策ポケとして人気のギルガルドがトップメタレベルの使用率となっている。

現環境では、特に電気(カプ・コケコ)とゴースト(ギルガルド)の一貫を切っておくことが重要。地面の一貫も当然切っておきたい。

意外なところだと、新ポケモンのミミッキュはなかなかの要注意ポケ。

ばけのかわで攻撃を一回無効化してくるので、剣舞を一回無償で積まれ、じゃれつく+シャドークローで全ポケモンに等倍以上を突いてくる。

鬼火等で対策出来るが、ラム持ちや身代わり持ちの可能性も考えると安定しない。

 

 

ちなみに、今自分が使っているパーティ

 

 

・ポリゴン2 シャドボ/冷凍B/自己再/トリル@輝石(HBアナライズ)

・アローラベトベトン ダスト/叩き/小さくなる/身代わり@ヘドロ(Hds慎重・毒手)

・アローラガラガラ 骨ブーメラン/フレドラ/シャドーボーン/寝言@ホネ(HA避雷針)

マリルリ アクジェ/滝登り/じゃれつく/腹太鼓@ノーマルZ(HA)

・テッカグヤ ヘビボ/地震/文字/宿り木@残飯(HBベース)

・未定

 

 

アローラべトン強し。

ガルド・テテフのトップメタ2匹に強く、ゲッコウガ、ゲンガー、ポリゴン2にも強いなど活躍しやすい要素しかない。

今のところポリ2+ガラガラ+ベトベトンの組み合わせは対応範囲が広くお気に入り。