シーズン1 試してみて強かった組み合わせ

カプ・ブルル

ウドハン/宿り木/守る/身代わり@フィラ

ギルガルド

シャドボ/ラスカ/影討ち/キンシ@弱保

ウインディ

フレドラ/毒毒/身代わり/日差し@残飯



今シーズン最強。めちゃくちゃ使いやすかった。

グラスフィールド下の(=ブルルと組ませた)弱保ガルドが非常に強かった。もともとテテフやパルシェン、フェローチェなど役割対象の多いポケモンだが、それに加えてグラスフィールド下でガル、ガブ、グロス、マンダ受けとして非常に安定するという特典も付き、ほとんどガルドを選出しないパーティは無かった。

ガルドの苦手なハッサム、テッカグヤ、ポリゴン2辺りに刺さったのがどくみがウインディ。鋼が多かったので、鋼を起点に裏に負担を与えていけるこいつはなかなか強かった。

そして個人的なMVPはカプ・ブルル。気がついたら今シーズンはこいつばかり使っていた。カプ・コケコ、テテフ、レヒレに対面で非常に強く、他にもガブリアスギャラドス等の水/地面をすべて一任していた。

宿り木守るとグラスFの毎ターン回復で非常に場持ちが良く、滅多に過労死しない安心感があった。

そして鍵となるのがみがわり。やどまもみがによる高いハメ性能で、多くのテッカグヤ、ポリゴン2を倒してきた。ブルル受けというのは一体しか選出されないことも多く、相手のブルル受けをやどみがで流してから裏のポケモンをアホ火力のウドハンでボコボコにしたりもでき、幾多のパーティに単独でゴリ押し勝ちした神ポケ。後攻みがまもで竜羽耐久型マンダの羽休めのPPを枯らして勝ったことすらある。来シーズンからはメガバナやナットの存在で動き辛くなるのが名残惜しい。

この組み合わせで重いのは炎勢、ペリッパーメガゲンガーオニゴーリ。逆に言えば、ほとんどそれ以外できつかった奴は思い当たらない。




クレッフィ

リフレク/光の壁/電磁波/毒毒@粘土

カビゴン

恩返し/地震orワイルドV/リサイクル/腹太鼓@イア

ギャラドス

アクテ/エッジ/竜舞/みがわり@メガ


壁下のはらだいこカビゴンがとても強いです。

あまりの固さと火力に、格闘とテッカグヤがいなければ本当に止まりません。あと急所。

高火力特殊が多い中、ほとんどの相手を壁をはれば余裕で起点にできるカビゴンは貴重な存在です。

でもテッカグヤがいなければというのは現環境では厳しい条件なので、地震ワイルドボルトに変えてもいいかも。

ギャラドスは現環境ではとても動きやすく、カビゴンの弱点(格闘とテッカグヤ)をしっかりカバーできる優秀な相方。

2ウェポンなら、水技+ストーンエッジが刺さっている気がします。範囲が広い。

ただ、ガルドには弱めなのでカビゴン地震ワイルドボルトにするならギャラドス地震を入れたほうがいいですね。